「山桜花」


うすべにに 葉はいちはやく 萌えいでて 咲かむとすなり 山桜花

(薄紅色に葉は早くも萌え出て、山桜の花は咲き出そうとしているようだ。)


雲ふたつ 合はむとしては また遠く 分れて消えぬ 春の青空

(春の青空を眺めていると、二つの雲が一つになろうとして近づいていったけれど、一緒にはならず、またふたたび遠くわかれて離れ離れになり、そして、ついに消えてしまった。)


(若山牧水)



かな作品を書く時はいつも、その作品の発表時期に合わせた季節の歌を選ぶようにしています。

百人一首や新古今和歌集から選歌することが多かったのですが、最近は牧水さんがお気に入り☺️

自然を愛した牧水さんの歌は、なんだか親しみやすく、書作品としても、どう表現したいか…と考えるのも楽しいのです😊

いろは―書道・音楽・絵本―

山と海に囲まれた街、神戸。 ここで生まれ、ここで育ちました。 ---書と音楽、そして絵本--- 私のすべてがここに詰まっています。。。 神戸市中央区・須磨区で 書道教室、ぺん字教室、 エレクトーン教室をしています。

0コメント

  • 1000 / 1000